BOSS LEGEND

​海外ミュージシャンが愛用するBOSS製品

コーラス2台とディレイ2台というユニークなセッティング

マイケル・シェンカーは弱冠16歳でスコーピオンズのデビュー・アルバム『Lonesome Crow』に参加、その後UFOを経て自身のバンド、マイケル・シェンカー・グループを結成し、ギター・ヒーローとして世界中のギター・キッズを虜にした。下のペダルボードは2012年に中野サンプラザで行われた来日公演時のものだ。BOSS製品はボリューム・ペダルFV-500L、スーパー・コーラスCH-1、コーラス・アンサンブルCE-5、デジタル・ディレイDD-3、デジタル・ディレイDD-6、クロマチック・チューナーTU-2というラインナップだが、コーラス2台とディレイ2台を直列接続するというユニークかつ大胆なセッティングとなっている点に注目したい。これはそれぞれのエフェクト効果をさらに強調したいときの追加用として用意しているものだと思われる。

Photo by Masayuki Noda / YOUNG GUITAR

コンパクト・エフェクターはすべてBOSS製で、アンプのセンド/リターンに接続されている。

​注意事項

※当ページ内に掲載されておりますコンテンツ(動画、画像、音声、文章など)の権利は、すべて株式会社シンコーミュージック・エンタテイメントに帰属します。これらのコンテンツを許可無く二次利用(複製、転載、販売など)することはできません。

© 2019 by Shinko Music Entertainment