BOSS LEGEND

​海外ミュージシャンが愛用するBOSS製品

​ギター・ソロで活用されるターボ・ディストーション

先ごろレッド・ホット・チリ・ペッパーズへの復帰がアナウンスされたジョン・フルシアンテ。その独特なリズム・プレイとメロディックなフレージングは唯一無二の存在感で、やはりレッチリにはジョンのギターが似合うと感じているファンも多いことだろう。下のペダルボードは2002年11月の幕張メッセ公演時のものだが、BOSS製品はボリューム・ペダルFV-50Lとコーラス・アンサンブルCE-1、ターボ・ディストーションDS-2がセットされている。特にDS-2はお気に入りのようで、長きにわたって足元に置いてあの“枯れたトーン”を生み出すのに一役買っている。昔のセットアップではあるが、これだけの数のエフェクターをスイッチング・システムを使わずに足で踏んで切り替えているというのも驚きだ。

Photo by Hideo Kojima / YOUNG GUITAR

DS-2は激しくソリッドなサウンドを特長とするディストーションで、1987年のリリース以降、世界中のプレイヤーに愛用されている。2種類のTURBOモードを搭載しており、ハードでありながらキメ細やかなサウンドのTURBO Ⅰ、ユニークなミッド・ブースト・サウンドのTURBO Ⅱから好みのサウンドを選択することができる。また、REMOTEジャックに外部フット・スイッチを接続すれば、モードを足元で切り替えることも可能だ。

​注意事項

※当ページ内に掲載されておりますコンテンツ(動画、画像、音声、文章など)の権利は、すべて株式会社シンコーミュージック・エンタテイメントに帰属します。これらのコンテンツを許可無く二次利用(複製、転載、販売など)することはできません。

© 2019 by Shinko Music Entertainment