TRY THE BOSS feat. KATANA-AIR

連載企画●BOSS製品を試してみよう!

低域を強調したファズで図太い音作りをしたリード・サウンド

Yap!!! / the telephonesの石毛 輝氏によるKATANA-AIRを使ったサウンド・メイキング・シリーズ。第3回目は歪みエフェクトに「MUFF FUZZ」を使用したリード・トーンだ。アンプ・タイプを「CLEAN」にして、エフェクターで歪みを作っているのがポイント。「MUFF FUZZ」の設定はパラメーターの「BOTTOM」を持ち上げることによって、よりファズっぽさを強調したという。あと「CHORUS」を薄くかけることによって“コンパクト・エフェクターを並べて音作りをしている感”を演出するというマニアックな設定も素晴らしい。そして「REVERB」をほんのにかけることによって音に透明感をプラスしたそうだ。石毛氏自ら付けたパッチ名は「Seattle」。
katana-air_angle_gal.png
KATANA-AIR サウンド・パッチ・ダウンロード

このパッチ・データにはリード・サウンドだけでなく、前回と前々回のクリーン・サウンド&クランチ・サウンドも収録されています。

※上記のリンクからダウンロードできるパッチ・データはzip圧縮された.tslファイルとなっておりますので、解凍してご使用ください。また「BOSS TONE STUDIO for KATANA-AIR(iOS用)」と「BOSS TONE STUDIO for KATANA-AIR(Android用)」専用の.tslファイルとなりますので、BOSSのサイトにアクセスしてお使いのスマートフォンに合ったアプリをダウンロードし、解凍した.tslファイルをインポートしてご使用ください。

​注意事項

※当ページ内に掲載されておりますコンテンツ(動画、画像、音声、文章など)の権利は、すべて株式会社シンコーミュージック・エンタテイメントに帰属します。これらのコンテンツを許可無く二次利用(複製、転載、販売など)することはできません。

© 2019 by Shinko Music Entertainment