TRY THE BOSS feat. KATANA-AIR

連載企画●BOSS製品を試してみよう!

突き刺すようなキレのあるクランチ・サウンド

Yap!!! / the telephonesの石毛 輝氏によるKATANA-AIRを使ったサウンド・メイキング・シリーズ。第2回目はクランチ・トーンでアンプ・タイプは「CRUNCH」を選んでいるが、EQは切れ味を出すためにまず「PRESENCE」を整えてから他の帯域を埋めていったという。そして歪みエフェクトとして「CLEAN BOOST」を使っているが、欲しい帯域を埋めてくれて自然なドライブ感が得られるため気に入ったそうだ。あとディレイに関しては、高音域の“キン”という耳に痛くなる感じのギリギリのところにかけるイメージでセッティングしている。このサウンドはthe telephonesなどでもよく使っており、もともとはイギリスやアメリカのポストパンク/ニューウェーブ/ノーウェーブのバンドに憧れて作ったという。石毛氏自ら付けたパッチ名は「New York」。
katana-air_angle_gal.png
KATANA-AIR サウンド・パッチ・ダウンロード

このパッチ・データには、クランチ・サウンドだけでなく前回のクリーン・サウンドも収録されています。

※上記のリンクからダウンロードできるパッチ・データはzip圧縮された.tslファイルとなっておりますので、解凍してご使用ください。また「BOSS TONE STUDIO for KATANA-AIR(iOS用)」と「BOSS TONE STUDIO for KATANA-AIR(Android用)」専用の.tslファイルとなりますので、BOSSのサイトにアクセスしてお使いのスマートフォンに合ったアプリをダウンロードし、解凍した.tslファイルをインポートしてご使用ください。

​注意事項

※当ページ内に掲載されておりますコンテンツ(動画、画像、音声、文章など)の権利は、すべて株式会社シンコーミュージック・エンタテイメントに帰属します。これらのコンテンツを許可無く二次利用(複製、転載、販売など)することはできません。

© 2019 by Shinko Music Entertainment