BOSS LEGEND

​海外ミュージシャンが愛用するBOSS製品

名曲のイントロを彩るトレモロ・サウンド

2020年に活動を再開することを発表したレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン。彼らはヘヴィなギター・リフに重たいグルーヴを生み出すリズム隊、そこに乗る扇動的なラップというサウンドで人気を博した1990年代を代表するバンドのひとつだ。ギタリストのトム・モレロは、スイッチング奏法をしながら弦を擦ってDJのスクラッチのような音を出したり、ペンで弦を叩いてヘリコプターのような音を出したりと、ギターとは思えないようなトリッキーなサウンドを生み出すことで有名。下のペダルボードは、2008年2月に幕張メッセで行われた再結成レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン来日公演時のものだが、BOSS製品はデジタル・ディレイDD-3とトレモロTR-2。DD-3はロング・ディレイや付点8分などいくつかのセッティングで使い分けてトリッキー・サウンドの要となっており、TR-2は「Guerrilla Radio」のイントロなどで使用される。

Photo by Yuzi Okumura

tr2_gal.png

TR-2は、ビンテージ・アンプ内蔵の台形波トレモロを忠実に再現し、なめらかなトレモロ・サウンドから機関銃のような効果のスイッチング奏法まで、多彩なトレモロ効果が得られるエフェクターだ。WAVEコントローラーを装備しており、音の立ち上がりを調整できる。

​注意事項

※当ページ内に掲載されておりますコンテンツ(動画、画像、音声、文章など)の権利は、すべて株式会社シンコーミュージック・エンタテイメントに帰属します。これらのコンテンツを許可無く二次利用(複製、転載、販売など)することはできません。

© 2019 by Shinko Music Entertainment