I LOVE BOSS

人気ミュージシャンが語るBOSS愛

ビギナーの頃から今に至るまでずっと力を貸してくれるペダル。BOSSは永遠ですよ

「最初の出会いはBD-2でした。NUMBER GIRLの田渕ひさ子さんが使っていたこととか、“ブルース・ドライバー”っていう名前のカッコ良さも含めて、“ロックなエフェクターだな”って印象だったんです。個人的に思い入れのあるペダルが2台あって、1台はRUDE GALLERYとBOSSがコラボして作ったRUDEディストーション。展示用として作ったモデルで一般発売はされていないらしいんですけど、特別に譲ってもらいました。もう1台はトレモロ(TR-2)で、これは「Human License」(2010年)の頃…リード・ギターを初めて自分で考え始めたときにかなり助けられました。ツアーを何本も一緒に廻ってきたっていう思い出もあるし。俺は“エフェクターをガッツリ使いたい”って時期と“やっぱアンプ直でしょ”って時期を一定の周期で繰り返してきたんですけど、エフェクターを使う時期のボードには必ずBOSSが入っています。それくらい信頼しているし、信頼できるクオリティーを持っている。ビギナーの頃から今に至るまでずっと力を貸してくれるペダル。BOSSは永遠ですよ」

RUDE Distortion  DS-1

ファッション・ブランドRUDE GALLERYとBOSSがコラボして、オリジナル・デザインで製作された非売品のDS-1。精悍なイメージのブラック・ボディがカッコいい。インジケーターの文字が「LOVE」になっている。

DSCN3101.png

ビンテージ・アンプ内蔵の台形波トレモロを忠実再現したペダル。なめらかなトレモロ・サウンドから機関銃のような効果のスイッチング奏法まで、多彩なトレモロ効果が得られるWAVEコントローラーを装備している。佐々木自らボリュームを追加する改造を施している。

​注意事項

※当ページ内に掲載されておりますコンテンツ(動画、画像、音声、文章など)の権利は、すべて株式会社シンコーミュージック・エンタテイメントに帰属します。これらのコンテンツを許可無く二次利用(複製、転載、販売など)することはできません。

© 2019 by Shinko Music Entertainment